シキ800 B2C + シキ801 B2C

- 140t積 落し込み式大物車重連 -

シキ800 B2C + シキ801 B2C 全景

シキ800 B2C + シキ801 B2C 全景

この当時でも大物車シキの重連は珍しく、まして撮影可能な時間帯を走行するという情報を見て、鶴見線安善駅まで遠征したときの写真である。今ならば、祭となる一大イベントであったが、当時は同業者を鶴見線全体でも数人見かけた程度と全く平和な時代であった。

それにしても、100t超の変圧器を輸送する大物車重連の光景はまさに圧巻そのものであった。

 2020年4月 記

シキ800形は昭和48(1973)年に初号機であるシキ800が、翌年にこのシキ801が製造され、時代が下った平成8(1996)年に3号機となるシキ810が増備された。

シキ800形は吊り掛け式荷受梁のB1、B2と落し込み式荷受梁のCタイプがあり、積荷の形状により選択される。
C荷受梁は単独で使用することはできず、B2と組合せて使用される。
写真はこのB2梁 + C梁のシキ800形重連で運用されたときのものである。

撮影:1993.06.27. 安善駅


シキ800

シキ800 B2C 全景

シキ800 B2C 全景

ディテール

シキ800のC梁

シキ800のC梁

写真中央の黒い躯体がC梁で、青い変圧器はここに吊掛けられている。 C梁は進行方向前後のB2梁で支持されており、単独で用いることは出来ない。 シキ800のB2梁にはその表記はないが、後述するシキ801のB2梁と同一形状であることは明らかである。 よって当サイトではB2Cと記述することにした。
多気駅常備。

  • ▲ シキ800C
  • 荷重 140t
  • 自重 71.1t
  • 積 17.0 空 7.0
B2梁の幅の調整

B2梁の幅の調整

シキ800形のB2梁は左右の幅が調整できる。 B1梁が円形ハンドルによる調節だったのに対し、B2梁は油圧ジャッキ式であるのが見て取れる(心皿上部にある白い棒がジャッキのレバー)。 枕梁の上には空車時にB2梁どうしを連結する部材が置かれているのも判る。


シキ801

シキ801 B2C 全景

シキ801 B2C 全景

ディテール

シキ801 B2梁

シキ801 B2梁

車体に記載された内容

B2梁

  • 日本通運株式会社

  • 荷重 160.0t
  • 自重 63.1t
  • 日本通運株式会社

枕梁

  • 小山駅常備

台車上枠

  • シキ801
シキ801 C梁

シキ801 C梁

シキ801のC梁には何も記載されていない。
手元の資料ではシキ800形のC梁は1組のみの製造とあるが、写真で見る限りシキ800のものと同一形状をしている。
ちなみに当時の鉄道雑誌に今回の編成は「機関車 + シキ800C + シキ801B2 +ヨ」と記載されていた。
ことによると、車体表記されていない梁は車籍登録されていないのかもしれない。

シキ801 B2梁

シキ801 B2梁

車体に記載された内容

B2梁

  • 空車回送受圧板
  • 赤黄白
  • 542
  • 突放禁止
  • シキ801B2
  • 積 17.5
  • 空 6.5
  • 形式 シキ800
NC-3C台車

NC-3C台車

台車の配置は2-2-2-2軸複式ボギーで、2組の台車を台車上枠が、2組の台車上枠をまくら枠が載る構造であることが見て取れる。車輪の直径は800mmと重心を低くした設計である。


DE10 1137

DE10 1037

DE10 1137

今回の機関車はDE10 1037。変圧器メーカー社有地の引込線は非電化区間が多いことから、小型でパワーのあるDE10が重宝がられているのだろう。 DE10の特徴として、前後非対称の動輪配列が挙げられるが、C+BではなくA+A+A+Bという駆動系で、前側の3軸の構造は実に興味深い。 また、軸受けが車輪より内側にあるため、台車は独特な表情をしている。
所属区名札は「品」と読み取れ、これは平成10(1998)年3月26日に新鶴見機関区へ転出するまで続いた品川機関区の所属を示す。

平成13(2001)年 2月21日 廃車


ヨ8402


ヨ8402

ヨ8402

車体に記載された判読できる文字を以下に記載

  • 東ヤマ(所属略号:小山電車区)
  • 自重 10.2t
  • ヨ8402(車籍JR継承)
  • 換算 10.1
  • 形式 ヨ8000
  • B1(全般検査B級 交番検査1級)
  • 7-7-21(平成7年6月4日まで)
    3-7-21(平成3年6月4日検査済み)
    新小岩車(新小岩車両所)

シキ880

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 に登場するシキ880

エヴァに登場するシキ880

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」のヤシマ作戦のワン・シーンに大物車が登場する。シキ880形という架空の形式であるが、モデルとなったのはここに掲げたシキ800形である。

シキ880形 エヴァ

大物車がひしめき合う光景

3重連のDD51と数十両にも及ぶ大物車シキ880形は、まさしく夢のような光景である。
架線のない非電化路線のため、積荷が高さのある変圧器でも走行可能な設定となっている。
それぞれの編成にちゃんと”ヨ”が含まれているのもウケる。

シキ800形重連

シキ800形重連