image image

185系

- 国鉄時代 -


国鉄時代の185系

昭和56(1981)年に登場した185系。個人的には183系特急あまぎを追い出し、当初から特急踊り子に使用されていた一方で、急行伊豆や普通列車にも運用されていたため、格下の車輌という認識があった。
そんな185系もいよいよ2021年3月のダイヤ改正で定期運用から外れるという。
これほど大規模な改造をされることなく40年生き延びた車輌も珍しい。
当ページでは国鉄時代に撮影したものを掲げた。
他にもまだまだ撮影はしてあるのだが、ネガ起こしは手間がかかるため、いずれ時間を見て追加したいと思う。

2021年2月 記


踊り子

白糸川橋梁を行く国鉄時代の185系

国鉄時代の185系

白糸川橋梁を行く国鉄時代の185系

デビュー当初から普通列車にも運用されていたことが伺える一枚。

撮影 1981.11.29. 根府川駅付近


183系特急踊り子

183系特急踊り子

特急踊り子は183系の運用も混在していた。

 

国鉄時代の185系

1982年

側面前部にJNRマークが入っているのが確認できる。この当時は国鉄が民営化されるとは夢にも思わなかった。

1982.12.12. 根府川駅

185系

2020年

カラーバリエーションのあった185系もこの頃にはオリジナルの斜めストライプへと戻されていった。

2020.02.20. 根府川駅

新特急誕生記念入場券

60.3.14 新特急誕生記念入場券

185系200番台は東北・上越新幹線の営業が大宮駅以北だった時代の昭和57(1982)年6月に上野駅とを結ぶ「新幹線リレー号」として誕生した。その状況も昭和60(1985)年3月に上野まで新幹線が開通すると、リレー号は廃止され、それまで165系が担っていた急行を格上げする形で、新特急が誕生した。

新特急誕生記念入場券

新特急なすの・あかぎ・谷川・草津 時刻表

台紙の裏面には新特急の時刻表が記載されていた。

関連: