川胡桃沢ノ頭 360°QTVR

フルスクリーンで見る >>

画像を表示するにはQuickTimeが必要です(無料)。

小金沢連嶺黒岳と牛奥ノ雁ヶ腹摺山の中間地点、標高1940mの頂は「川胡桃沢ノ頭」と呼ばれています。
黒岳から続く尾根はアップダウンが小さく、小さなピークがいくつもありますが、一連の頂の最後がここになります。
牛奥ノ雁ヶ腹摺山へはここから一度100mほど下り、賽の河原と呼ばれるササ原を通り、再び登ることになります。
山頂はシラカバやモミが散在する静かなカヤトの広場で、見晴らしは南西方面が素晴らしく、富士山から南アルプスまで一望できます。



関連:

金沢連嶺 黒岳 360°QTVR

牛奥ノ雁ヶ腹摺山 360°QTVR


HOME  >  QTVR cubicギャラリー  >  このページ

Copyright (C) 2002-2016 KEIZUKOBO All Rights Reserved.