唐松岳頂上 360°VR  Starry Sky View

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

操作方法

画面の下のメニューで見たい方向などが操作できます。
フルスクリーン表示はメニューから切り替えできます。
メニューは自動的に非表示になりますが、画像の下のほうにマウスを移動すると、再表示されます。

 

北アルプス唐松岳山頂の星空です。

是非、部屋を暗くして、画面メニューからフルスクリーンを選択してご覧下さい。

機材の進歩と好天に恵まれ、これまで撮影した写真の中で最も星数が多く写ったものとなりました。

地平近くのオレンジ色の空は朝焼けではなく、全て街灯りの反射です。
こんな山深い場所でも影響しているため、我が国には完全な暗闇となる空はもうないのかも知れません。

毛勝三山の右の筋状の光は富山湾越しの街灯りだと思われます。

眼下の明るい照明群は唐松山荘の灯りです。まだ消灯中の時間帯であるため、肉眼にはずっと暗く写ります。
その左上にひと際明るく輝く星は明けの明星「金星」です。その金星の上方やや左にはプレセぺ星団が見えています。

 


オリオン座

M42 オリオン大星雲


おうし座の顔にあたるV字に連なる星々とすばる(右上)


アンドロメダ星雲の探し方

おうし座の顔とすばるを結んだ直線上にあります。


落下するデブリ?

同日(2015年9月15日)、04:19頃、北の空に高速で移動する物体を目撃しました。30秒以上発光し途中で2つに分離しました。
飛行機にしては高度があり速度が速いため、流れ星か落下するスペースデブリだったとも考えられますが、正体は不明です。

 

Copyright (C) 2002-2018 KEIZUKOBO All Rights Reserved.