送電鉄塔 山中線 No.78

 

山中湖の西部に変電所を見つけたので立ち寄ってみました。ここが山中線の終点で、最老番の78号鉄塔が変電所手前に建っていました。山中線は周囲の環境に配慮した景観色が施されているのが特徴で、碍子の数から判断するに66kVの回線です。


東京電力 山中線 78号鉄塔 
昭和46年3月竣工  高さ27m

 

山中変電所

地図>>  


1号回線

 


2号回線


車道側から

右奥はNo.78鉄塔


東京電力株式会社 山中変電所

車道を挟んだ位置にある水路

東京電力の管轄とある看板

車道を挟んだところに東電の看板と水路がありました。地図で確かめてみると、この水路が相模川(桂川)の源流のひとつです。付近に発電所はないため、この水路は導水路ではなく、また山中変電所とも関係はないようです。
ただし、下流にはいくつもの水力発電所があるため、これらの水門により源流である山中湖の水位を含め、相模川源流の水量を制御しているようです。


山中湖湖畔から

山中湖畔にある設備。これはゴミ取りのフィルターで、水門は東電が管理しているようです。

関連:
山中線No.26


HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ