送電鉄塔 ユニバーサル製缶小山線 No.3


阿多野貯水池付近を散策していると、かつては三菱マテリアル線と掲げてあったプレートがユニバーサル製缶小山線に改名されていることに気付きました。
この送電線は東富士線No.9の原里線66kVから分岐し、三菱マテリアル小山工場を結んでいますが、三菱マテリアルと北海製罐の飲料用アルミ缶事業統合によって2005年10月よりユニバーサル製缶小山工場として運用開始したようです。
送電線名の改名が同時だったのかは不明ですが、前回訪れたのが2005年1月だったため、三菱マテリアル線のプレートが撮影できたのは運が良かったと言え、今となっては貴重な資料となりました。

No.3鉄塔の特徴は直角に回線が曲がるため、2回線側が縁廻しされている点です。

Yahoo!地図(別窓)>>



ユニバーサル製缶小山線 No.3


東京電力 ユニバーサル製缶小山線 No.3 
昭和50年10月竣工 高さ33.8m

 

関連:
ユニバーサル製缶小山線 No.2
ユニバーサル製缶小山線 No.4


HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ