送電鉄塔 田代幹線 No.335


335号鉄塔

 


335号鉄塔は電線が上下から碍子で固定されるといった少し変わった形状をしています。地形等の要因で余裕のある懸垂曲線が描けない場合、電線の自重に任せるのではなく、下から碍子で固定し安全を計るのだと考えられます。複雑な地形の谷地に設置されたものに多く見られ、このような碍子をタイダウン碍子と呼ぶそうです。

地図参照(別窓表示)


田代幹線 335  

(里)とはどんな意味だろう? 


東京電力 田代幹線(里) 335号鉄塔 
昭和2年5月竣工  高さ26m

 

 

タイダウン碍子で固定された電線


HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ