送電鉄塔酒匂川線 No.38

酒匂川線の標準的な形状のNo.38鉄塔

 No.37鉄塔から続く巡視路は線下に小さな谷が二回あるため南へ迂回することになりますが、状態は明瞭で、ほどなくNo.38鉄塔へ着きます。

酒匂川線 No.38

東京電力 酒匂川線 38 昭和41年3月竣工 高さ22m

 

ため池

No.37とNo.38鉄塔の間は小さな谷があります。そこの沢を利用したのでしょうか、ため池がありました。鐘ヶ塚に砦があったという伝承に思いを巡らし、当時の水場はここだったのかもしれないと想像してみるのも楽しかったりします。

<< PREV (送電鉄塔酒匂川線No.37)
地図参照
NEXT (送電鉄塔酒匂川線No.39へ) >>

HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ

HOME  >  > ランドマーク  >  足柄平野のランドマーク  >  都夫良野  >  このページ