千曲川の源流の谷を横断する西群馬幹線

手前からNo.124、No.123・・・
眼下にはレタス畑が拡がります。

地図(別窓)>>



鉄塔近景

小海線を撮影するために遠征した際、信濃川上駅から東へ奥まった谷筋にある川上村を訪ねてみました。
そこには谷を南北に横断する大規模な送電鉄塔があり、最も簡単にアプローチできそうな鉄塔を見定め、探訪してみました。
すると、それは筆者にとって馴染み深い西群馬幹線ではありませんか。
このように遥か遠くの地で、馴染みある回線の鉄塔に出会うことは、文字通り点と点が線で結ばれ、知識の地図が拡大することに、この趣味の醍醐味があるのではないでしょうか。

2016年7月探訪

 

東京電力 西群馬幹線 No.125 
東京電力 千曲川電力所 送電グループ

鉄塔の竣工年や高さを示したプレートを探しましたが、見当たりませんでした。





結界写真

3D写真 交差視でご覧下さい。



1000kV(100万V)碍子



4連耐張碍子

 


HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ

Copyright (C) 2002- KEIZUKOBO All Rights Reserved.