送電鉄塔西群馬幹線 No.256

高さ98mの巨大鉄塔

西群馬幹線256号鉄塔は遠くは箱根や湘南方面からも目視でき、御正体山や西丹沢を同定するためのランドマークとして利用できます。パノラマを制作する上で、是非とも訪れたい鉄塔のひとつでした。場所は山伏峠から御正体山へ続く尾根上で、奥ノ岳から数分歩いたところにあります。
西群馬幹線は西群馬開閉所を起点とし、東山梨変電所を経由、新富士変電所を結ぶ500kv(50万ボルト)の超高圧送電線路です。

 

500kv碍子

500kv碍子の様子

西群馬幹線 No.256

東京電力 西群馬幹線 256 平成元年5月竣工 高さ98m

東部パノラマ

丹沢道志方面のパノラマ

 

西部パノラマ

富士山、鹿留山方面のパノラマ

 

若番側の鉄塔群

No.257鉄塔

近年、紅白に塗装されたようです。

関連:西群馬幹線No.264 >>

HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ