二宮-湯河原線はJR二宮変電所とJR湯河原変電所を結ぶ送電線で、東海道本線へ電力を供給するための設備です。

昭和9年まで東海道本線は国府津-沼津間は現御殿場線を経由いました。昭和2年当時、国府津-熱海間を熱海線として運用していた国鉄は、翌昭和3年に電化が完了しています。つまりこの鉄塔は電化黎明期の土木遺産であるとも言えます。

2017年5月探訪

地図 >  



二宮-湯河原線 75号

66kVの回線であることが解ります。

 

 


二宮-湯河原線
 75
昭和2年3月建設 

 



66kV耐張碍子


富士山(ふじやま)砦遺構にある祠

この一角の平地も小田原城の遺構と考えられます。


HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ

Copyright (C) 2002- KEIZUKOBO All Rights Reserved.