地図を表示(Yahoo!地図情報を別窓で開きます)

明神線 No.42 

 
東京電力 明神線 四二 
昭和42年6月(竣工)(高さ)31(?)M 
送電鉄塔 明神線 No.42 
西側の展望

順番からすると、手前からNo.41、No.40、右奥がNo.38

大日陰林道から約20分登ると、杉・桧林の中に人工物が現れます。送電鉄塔明神線です。

明神線 No.42

明神線は駿東郡小山町の新富士変電所を起点とし、途中まで北駿線と共用し、No.15で分岐します。山伏平を越え、矢倉沢定山、明神ヶ岳北麓を横切り、終点は南足柄市三竹の西相模変電所です。現地を訪れる経験を得ると、その後、広大な明神ヶ岳の幾筋もある尾根を同定する楽しみができます。
松田町方面から見たときに、最も標高の高いところにあるのが、このNo.42鉄塔です。

東側の展望

相模湾と江ノ島 

<< PREV (大雄山最乗寺)
  (見晴小屋) NEXT >>
地図を開く

HOME >> ランドマーク >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ