送電鉄塔 金子線 No.20


送電鉄塔金子線No.20はブルックス大井線(旧第一生命大井線)を分岐しているため、他より高い構造となっています。

Yahoo!地図>>


縦のパノラマ撮影

 


塗装施工の銘版

施工会社 株式会社システック・エンジニアリング
施工区間 金子線No.20
使用塗料 1回塗り アクリル樹脂厚皮膜散布抑制型塗料
     ユニコープタワームヒサン(N7)
完了   平成17年3月

 


東京電力 金子線 No.20 昭和42年7月竣工 高さ35m



分岐の様子

写真の左手が上流側です。右手の直進方向が分岐のブルックス大井線。
縁廻しで設計されているのは、本線の1回線です。


結界写真

金子線No.21鉄塔と富士山

ブルックス大井事業所(旧第一生命)と分岐したブルックス大井線
   

関連:金子線No.19
   ブルックス大井線No.1
   

HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ