鉄塔全景

 


下層には善波線を併架

東秦野線は新秦野変電所を起点とし、平塚市の湘南変電所を結ぶ154kV、2回線の送電線です。
No.22鉄塔はパイプ脚柱で構成され、ひときわ重厚感があります。この前後の鉄塔間のスパンは標準的な距離であるため、この一基だけパイプ構造である理由は不明です。
下層には善波線66kV2回線が併架されています。

2015年12月探訪

地図 >



東秦野線 No.22


東京電力   東秦野線
    22
平成4年6月竣工     高さ51m



結界写真

パイプ構造の脚柱は圧巻です。

 



基礎

地表面はコンクリート仕上げになっています。おそらく地下では4本の柱が緊結された構造になっていると考えられます。

 


関連:
   東秦野線 No.14
   東秦野線 No.21

HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ

Copyright (C) 2002- KEIZUKOBO All Rights Reserved.