中央本線の富士見-すずらんの里間でロケハンしているときに立ち寄った鉄塔です。 東茅野富士見線は中部電力が管轄している送電線のため、東電のものとは仕様が異なり、また手元に資料がないため詳細は不明です。 No.32鉄塔は棚田になっている斜面の農道脇にありました。


東茅野富士見線 昭和50年4月建設
第32号
中部電力株式会社
サラヌ107

最後の「サラヌ」はどんな意味があるのでしょうか。

2016年7月探訪

地図 >



EF64-1001+旧型客車+EF6437

八ヶ岳、カラマツの森、中央本線、お寺のある古い集落。調和のとれた素晴らしい景色であった。

2016.07.23. 富士見-すずらんの里間



結界写真



関連:

HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ

Copyright (C) 2002- KEIZUKOBO All Rights Reserved.