福沢第一発電所

神社福沢

2008年秋、移転工事が始まりました。新大口橋脇からの道路ができるようです。

福澤第壱發電所と旧字体で書かれた表札

運用開始は昭和6年3月

西側全景

福沢神社の裏にあります。左の装置は機材搬入用のレール式クレーン

文明用水

内山発電所から大口山(おおくちやま)を貫き、再び地上へ現れます。

出力:1460kw 水量:20.31m3/sec
有効落差 :8.79m 発電機数:1台

下流側の水槽

今は使われていない水路の設備

東側全景

坂道が示すように、9m弱の落差があります。

続く文明用水

福沢第二発電所へ延びています。

灌漑用水取水口

南足柄市、開成町の水田の灌漑用水は現在ではこの文明用水から取水されています。

水路と同時の竣工と思われる小松原橋

昭和六年三月竣成と刻まれています。

水路にほど近い猪野神社遺構のイチョウ


HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ

関連:福沢第二発電所
   内山発電所