送電鉄塔 福沢線

数ある送電鉄塔の中で福沢線の鉄塔は最小の部類だと思われます。電圧は街なかのコンクリート製電柱の最上段と同じ6KVの1回線で、ケーブルは被覆されています。


酒匂川水系の水力発電所としては最下流に位置する福沢第二発電所を起点とし、同第一発電所を経由し内山発電所へ送電されています。

東京電力
福沢線

昭和6年8月(竣工)
(高さ)14M
東京電力
福沢線

昭和6年8月(竣工)
(高さ)14M
東京電力
福沢線
一六
昭和6年8月(竣工)
(高さ)15M
福沢線 No.1
福沢線 No.2
福沢線 No.4
福沢線 No.16
福沢線 No.16、No.17、No18
水路(文命用水)の終点
酒匂川に合流します。

HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ