送電鉄塔 笛駒線 No.59

Yahoo!地図>>


大菩薩峠や湯の沢峠へ国道20号からアプローチするとき、甲斐大和駅付近から景徳院入口で分岐する道を筆者は利用していますが、その際に立ち寄ってみました。
笛駒線No.59鉄塔は国道脇のコンクリート擁壁の上に建ち、国道を挟んだ谷側の初鹿野発電所へ分岐しています。
下段谷側には柏尾発電所を起点とする日川(ひかわ)線22kVを併架しています。
この鉄塔と初鹿野発電所とは直接結ばれており、水力で発電された電力と日川線を昇圧した66kVを笛駒線へ補充しているようです。

探訪 2011年5月


笛駒線 No.59

 


東京電力 笛駒線 59 昭和55年11月竣工 高さ37m



上・笛駒二号線 下・日川線

 


道路占用許可(同意)標識


左下が22kVの日川線


初鹿野発電所鉄構のプレート


関連:笛駒線No.119

   初鹿野発電所
       

HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ