送電鉄塔大雄線 No.37


大雄線37号鉄塔は浅間山と丸山の鞍部である大祭神峠付近にある、いわば峠越えの鉄塔で、ここから右へ屈折し丸山西麓を進んで行きます。峠越えの鉄塔とあって、高さは39mと他に比べ低めで、大きく屈折しているため西側のジャンパー線は縁廻しとなっています。

地図(別窓)>>


浅間山の麓から遠望


大雄線No.37


東京電力 大雄線 37 昭和57年8月竣工 高さ39m

 


上層の回線は大雄線

 


下層は内山線


縁廻し

連続した器具の構造美

 


関連:大雄線No.36

HOME  >> 足柄平野の送電鉄塔  >> このページ