送電鉄塔大雄線 No.33


大雄線33号鉄塔は内山発電所の対岸、岩流瀬(がらぜ)土手付近に位置します。この土手(崖)の高さが20mはあるため、河原から見上げると鉄塔の高さは更に高く感じます。内山線を併架し、ここで三菱ガス線が分岐するため、3層になっています。

地図(別窓)>>


浅間山から遠望

三菱ガス線No.1鉄塔と


大雄線No.33


東京電力 大雄線 33 昭和57年8月竣工 高さ63m

 


内山線1L から三菱ガス線1Lへの分岐

判りやすいように着色してみました。

 


2L側の分岐

こちらは単純な構造です。


大雄線2Lと内山線1L

大雄線は電流の向きと回線番号が逆の可能性があります。


大雄線1Lと内山線2L、そして分岐した三菱ガス線


結界写真

 

 


関連:大雄線No.32 No.35
   三菱ガス線

HOME  >> 足柄平野の送電鉄塔  >> このページ