送電鉄塔 クレシア開成線 No.9


 

クレシア開成線は明菓足柄線No.16から分岐し、クレシア開成工場へ送電しています。また下の回線には松田線を併架しています。
No.9鉄塔の特徴は松田線22kVから分電している点で、コン柱のフイルム開成線を経て富士フイルム先進研究所へ送電していると思われます。この建物は2006年竣工であるため、それに合わせて改造されたものと考えられます。

Yahoo!地図>>


上の回線 クレシア開成線 66kV

 


下の回線 松田線 22kV

 


送電鉄塔 クレシア開成線 No.9

 


東京電力 クレシア開成線 No.9 昭和49年9月竣工 高さ39m



地中線用検出器箱
フイルム開成線1番(クレシア開成線No.9(鉄)〜フイルム開成)

地中に潜っているのはわずかな距離です。


分岐

コンクリート柱で支持されたフイルム開成線 22kV 2回線へ接続

富士フイルム先進研究所

関連:クレシア開成線 No8
     

HOME >> 足柄平野の送電鉄塔 >> このページ